新築一戸建て

2人目の子供の妊娠がわかり一戸建てを購入しました。
流石に4人で六畳の部屋は狭いと思い思い切って購入しました。
小さなアパートに住んでいたので広いリビングのある家を選びました。
すると引っ越ししてすぐに子供が歩き始めました。
今までは歩くスペースが少なく歩行器を使用できませんでしたが、引っ越しをし歩行器で歩く練習をしすぐに歩けるようになりました。
リビングが広いだけで子供が家の中で走り回れるので引っ越しして良かったと思っています。
さらに下の子供が産まれ広いリビングでハイハイする姿をみると本当に家を購入して良かったと思います。
上の子供はハイハイをあまりせず毎日寝転がっていました。
結婚し子供ができて家を購入する時は家の中で子供が走り回れるくらいのスペースがあると雨の日でも家の中で運動する事ができます。
子供を育てていくのに家を選ぶ事はとても大切です。
子供がどのように成長して欲しいかを考えて家を選ぶようにすれば子供の成長スピードは上がります。

坪単価を知って住宅の予算を組もう!

一軒家を買いたい!新築住宅で暮らしたい!
そんな夢を持っている人がかならずぶつかる壁、それが予算です。
特にオリジナリティの高い注文住宅を購入する場合、普通の住宅よりも高額となります。

 
注文住宅ですからなかなか相場というものは算定しにくくなりますが、こういった単価を平均的に公開している情報サイトがありますので是非参考にされてみて下さい。

 
基本的に新築や注文住宅の工事は坪単価で予算が提案されます。これはどこの業者に任せても同じことです。

 
特に注文住宅になってくると、この坪単価に加えてオリジナルの家具代や特殊な工賃が乗ってくるので要注意です。

 
できれば、自分が注文したい仕様の最高値と最安値を出してもらうようにしましょう。
そこから、予算に合わせて現実的にできる工事を選択することが最も賢い方法でしょう。

 
注文住宅に慣れている業者の場合、こちらからこういった提案をせずともあちら側から資金計画などについての提案があります。住宅を作る業者もたくさんありますので、こういった資金計画についてもしっかりと相談に乗ってくれるところを選ぶべきです。

 
中には、住宅ローンの勉強会や注文住宅の展示会などをしているところもありますので、まめに足を運んでみるのもいいかもしれません。

中古よりは住宅の諸費用が低い新築

住宅に生じるお金は、何も購入価格だけではありません。様々な諸費用も生じる事になります。
諸費用というのは、それこそ色々な種類があります。例えば住宅会社に支払う仲介手数料があるでしょう。
大抵それはパーセンテージになります。そうかと思えば、住宅に関する税金もあるのです。
また集合住宅を購入するなら、積立金が生じるケースもあります。
つまり住宅の購入料金を支払って終了ではなく、こういった様々な料金も考えておく必要がある訳です。

ところで新築住宅は、諸費用に関する大きな特徴があります。
同じ住宅でも、中古と比べれば諸費用が安くなるケースが多いからです。
新築住宅の場合、とりわけ税金に関する事柄が大きいです。物件にも左右されますが、
基本的に中古と比べれば、税金がやや低めになるからです。したがって販売価格は中古よりも高めでも、
諸費用が中古より低くなるケースも多い訳です。
この点は、新築住宅の大きな特徴の1つである事は間違いないでしょう。