いつも子供が幸せに生きられるように

私が子供のためにできることは子供が幸せに生きる手助けをすることです。どんなときも子供が幸せであるようにそれだけを考えて子育てをしてきました。

 

私は子供時代思い出すのもつらくなるような環境で生きてきました。両親には今とても感謝していますが、子供時代は小さな家がイヤでイヤで仕方がなかったし、自分の部屋を高校生になっても持てなかったことがつらくてたまりませんでした。

 

両親の仲が悪くて夫婦喧嘩を見て育ったせいで両親共に好きではありませんでした。嫌悪感さえ感じていたほどです・・・。本当につらい子供時代を送りました。だから自分の子供だけにはこんな思いをさせたくないと決めて子供を産みました。

 

たった一人しか子供を産めなかったけれどその子供はとても素直な良い子です。親ばかだと笑われてもいいですが、私にはもったいないような良い子だと小さな頃からずっと思っています。

 

これからも子供の幸せだけを考えて生きていきたいと思っています。