近所で友達を作るために、習い事を始めました

通っている学校が地区の学校でないため、近所にお友達が一人もいない状況を長男の時に作ってしまい、長男は、近所の公園へ行っても知り合いが一人もいない幼稚園時代を過ごしました。

 

あまりにもかわいそうに思い、小学校へ入った時に、近所のスイミング、テニススクールへ入りました。そこには近所の子がたくさんいたので、自然と友達になることができ、それ以来、長男は公園へ行っても知り合いができたことにとても喜んでいます。

 

次男、三男の時は、長男の友達作りに苦労したことを念頭に置き、小さな頃から、児童館へ行ったり、近所の子供達とのふれあいの時間をできる限りたくさん持つようにしました。

 

児童館は、近所の子がたくさん集まり、いろいろなイベントがあったので、子供達も自然と仲良くなることができ、初めの頃は兄弟二人で固まっていたのが、数回行った後には、兄弟が一緒にいることなど忘れてしまったかのように、他のお友達と仲良くなり、児童館へ行く日を心待ちにするようになていました。

 

今は、引っ越してしまいましたが、年に数回、昔のお友達に会うことを楽しみにしています。