中古よりは住宅の諸費用が低い新築

住宅に生じるお金は、何も購入価格だけではありません。様々な諸費用も生じる事になります。
諸費用というのは、それこそ色々な種類があります。例えば住宅会社に支払う仲介手数料があるでしょう。
大抵それはパーセンテージになります。そうかと思えば、住宅に関する税金もあるのです。
また集合住宅を購入するなら、積立金が生じるケースもあります。
つまり住宅の購入料金を支払って終了ではなく、こういった様々な料金も考えておく必要がある訳です。

ところで新築住宅は、諸費用に関する大きな特徴があります。
同じ住宅でも、中古と比べれば諸費用が安くなるケースが多いからです。
新築住宅の場合、とりわけ税金に関する事柄が大きいです。物件にも左右されますが、
基本的に中古と比べれば、税金がやや低めになるからです。したがって販売価格は中古よりも高めでも、
諸費用が中古より低くなるケースも多い訳です。
この点は、新築住宅の大きな特徴の1つである事は間違いないでしょう。