添い寝から離れられない子どもへ

子供の成長を見守るのは非常に楽しいことではありますがうまく自分自身の身体的負担も減らしたいものですね。

 

その中で様々な努力をしていくものですが、夜の限られた時間を添い寝をする必要から撮られているのは大きな負担になっている人も少なくないはずです。

 

なかなか夜寝付けない子どもになってしまうと添い寝でなんとか寝かしつけようとしてしまいます。赤ちゃんの頃はまだそれでもいいのですが、それがなかなか育ってきても抜け出せないとなると徐々に負担が大きくなります。

 
なんとか添い寝から卒業させるとすると自分より小さい子どもの存在を意識させることが重要です。下の兄弟ができているのが一番望ましいですが、それ以外にも友人や親戚の子どもでもいいので、自分より小さな子どもがいるんだということを意識すると自然と添い寝を求めてくることは少なくなります。

 

自分一人でしっかりしないとなと言う自覚が芽生えるのでしょうから、そうした交流をさせるのはいかがでしょうか。