注文住宅を建てる上で気をつけたこと

自分は、3年ほど前に注文住宅を建てました。注文住宅の場合、建売住宅と違って、家の間取りや、窓、キッチン、外壁や屋根の色や素材など、様々な部分に渡って、自分の希望を叶えることが可能です。とはいえ、あまりにも豪華な設備ばかり使っていると、あっという間に建築費が膨らんでしまい、予算オーバーになってしまいます。

限られたコストの中で、自分の希望に近い家を建てるために必要なのは、まず、どこにお金をかけるかをはっきりさせ、メリハリをつけるということだと思います。自分の場合、キッチンと洗面所にお金をかけましたが、あとの部分は、メーカーの標準仕様にして、コストを節約しました。また、自分でできるところは自分でやるというのも、コストを削減するには大事なことだと思います。例えば、壁の漆喰などを、自分で塗ってみるといったことが挙げられます。プロがやるのに比べると仕上がりは劣るかもしれませんが、一生のいい思い出になるのではないでしょうか。