不動産屋さんを通さずに土地を買った場合

6年前に土地を購入して家を建てました。
田舎暮らしをしたく、古民家を探していたのですが、田舎は空き家は多いのですが、近所の手前、金に困っていると思われるのがイヤで、中々売ってくれません。
土地だけなら売ってくれると言う人がいました。
不動産屋を通すと手数料を取られるので、直接取り引きにしてくれ!と、言うので、仕方なく土地を購入して、家を建てる事にしました。
上下水道完備の土地だと言う事で、土地代金も払い、いざ家を建てる段階で、下水道が使えないと言うのです。
今までであれば、田舎の事だから、まぁいいか!で、治っていたのが、市町村合併で、市の管轄になった途端厳しくなり、下水は、使用禁止になってしまいました。
何故ならば、土地の前に、幅1メートル位の水路があり、そこに掛かっている橋の中間に、下水管が通っていて、台風などが来た時に、その下水管に流木などが引っかかり、洪水になる恐れが有ると言う事でした。
今迄そんな事は一度もないと言っても聴く耳持たぬ!
そこで、住宅メーカーに相談すると、たまたま、そう言う事情に詳しい人が居て、役場と直談判してくださり、橋の下ギリギリに下水管を付け直すならば許可を出しましょう。と言う事で収まりました。
さあ家を建てる段階に入って、今度は、下水管を、上に上げたものだから、勾配が足りない!
その下水管を使うのであれば、家を建てる地盤を80cm上げなければ下水が逆流する、という。
仕方がないので地盤を上げざるを得なくなり、余分に60万円支払う事になりました。
土地を購入して家を建てる時には、絶対不動産屋さんを通した方が良いとつくづく思いました。