友達に恵まれた子に育てるために

私は一人っ子で幼いころの家庭環境がお世辞にも恵まれていませんでした。
ですが、ずっと友人には恵まれています。
家庭環境が悪くても友人がいてくれたから、と思うことが今まで多々ありました。

 
私の運によるものかもしれませんが、良い友人を持てるようになったのは母のおかげだとも思っています。
母は私が一人っ子だったので、人間関係で困らないよう小さいころから私を友達と遊ばせてくれました。

 
未就園児だったころは毎日公園に連れて行ってくれていたそうです。
私が小学校にあがってからは嫌な顔一つせず、友達が我が家へ来たいといったとき、受け入れてくれました。

 
お誕生日会をしたこともあります。
母のこういった努力のおかげで私は今多くの友人に恵まれていると感じます。

 

 

私は一人っ子の息子にもぜひそうなってほしいと思っています。
そのため、母の育児を真似て小さいころは毎日外へ連れて行き、幼稚園のころは親子で息子の友達の家に行ったり我が家へ呼んだりしていました。

 
今、息子は小学校一年生ですがよく友達と遊ぶ約束をしてきます。
自分から誘っているようです。
これはとても良いことなので、何も予定がないときは思いっきり遊んでほしいと思っています。